ページ

2014年10月20日月曜日

イタリア旅行 2014.10.4 ト・トイレは何処・・・

今日は北方面
タクシーでポポロ広場へ行ってスタート。
天使と悪魔にも出てきたサンタ・マリア・デル・ポボロへ。中に入ると何とまた,OMG! キージ・チャペルが修理中。例のベルニーニの彫刻も地下の墓に入るための蓋もビニールで覆われて見られない。
しかしその代わり他に目が届く。パイプオルガンなんかも素晴らしい。



次の目的地,スペイ階段を目指す。その途中で,急に催してきた・・・旅ではよくあることだ。地下鉄の駅でトイレを訊いたが要領を得ない。もういかんという段階で,ティールームの看板が目に入った。もうスケジュールも出費も問題ではない。レジにいたオバちゃんにいきなりコーヒー2つと注文して,荷物をおき,トイレの場所を訊いて走った。おぉ,just in time。幸せ。
後から判ったことだが,Babington's Tea Roomsという由緒正しき紅茶屋さんらしい。紅茶を頼めばよかった・・・



 スッキリして休憩もできたので,見物再開。黒バイ(?)の兄ちゃんたちが格好いい。

Tazza D'oroなるデリに毛が生えたようなCafeでランチを済ませ,ベルベリーニ広場。

少々時間が会ったので,計画になかった骸骨寺Cripta Capucciniにも立ち寄る。前回来た時は無料でお参りしたのだが,今回入ると何か違う。何と,Beautifulな有料博物館ができていて,そこを通らないとCriptには行けない。ここに来ると皆無言になる。

そして,目指すはボルゲーゼ美術館。ダラダラの上り坂にダメージを受け,公演に入るなりベンチで休憩。時代の流れで色々おもしろい乗り物が増えている。オバちゃんたちが四輪車でU-turnに苦労しているのを応援して盛り上がりに参加。


なんとか美術館に辿り着く。ここも予約なので時間が来るまで休憩して入館。
なんといってもこれだな。

女性の涙までリアルに・・・
太ももに食い込む指が生々しい

この時代こういう極技が流行ったのか,このクッションが大理石とは・・・


今日もなかなかの運動量でした。