ページ

2017年4月23日日曜日

本 Books

2017.4.16
昨晩、ポール・オースターの「In the country of last things」を読み終わった。寝る前に少しづつ読んでいたのである。
Last night I finished reading "In the country of last things" by Paul Auster after I have been reading it little by little before sleep.

Amazonでまだ売られているようだ。
It is still sold at amazon.



悲惨な「街」で暮らす女性の物語である。小説は彼女から彼女の男友達に出した手紙の形で語られる。その中で彼女の恐ろしくも惨めな生活が語られ、彼女たちの希望があるのかないのか判らない予想の付かない未来に関する僅かな期待を以て終わる。
It was a story of a young lady living in a disastrous "city". It was written in the form of a letter from her to her boyfriend. It tells about a dreadful and miserable life of her, and ends with faint expectation about their hopeful or disappointing unpredictable future.

本の書評は次のように書かれている。
The reviews of the book tell;

“Powerful, enigmatic, imaginative, and handled with artistry. . .One of the better modern attempts at describing hell.” 
– The Washington Post Book World

“Reminiscent in many ways of Orwell’s 1984. . .Auster creates within these pages a place so real it could be our own country, perhaps our very own city.” 
– The Atlanta Journal Constitution.

これは数週間前に書棚の中で見つけた本だ。ページは茶・黄色っぽくなっていた。10ページくらいは読んであった。読んだか覚えてもいない私だが、そう言えるのは栞が挟んであったのと、その10ページでは幾つかの単語にその時まで知らなかったことを示すと思われる下線が引かれたいた。私がそこで諦めたのは、その話が他の多くの小説でもそうあるように全く理解できないような筋書きで始まっているからだろうと思われる。それに我慢できなかったのだろう。よくあることだ、だから家には読みかけの本が沢山有る。
This, I found several weeks ago in my bookshelf. Pages are brown-yellow. It was read about ten pages. Although I don't remember that I had read this, I could say that because there was a bookmark, and in those ten pages, some words were underlined to show words that I think I had not known until then. I gave up reading there probably because the story starts with a plot un-comprehensible as many other novels are. I was not able to stay with it, I guess. It happens, so there are many books in my house that were partially being read.

明らかに、過去の何時か私はこの本を買ったのだ。何時、何処でかは覚えていない。この本にどのように出会ったかを推理してみた。手がかりは挟んであった栞である。それはアメリカン航空のボーディングパスである。日付は03May05、2005年5月3日だ。であるから、この本は12年前かその少し前に買ったと思われる。ポール・オースターという作家に何の知識もないことから、恐らく当時読んだどこかの書評に影響されて買ったのだろう。一時、興味を持った本の名前を紙切れに書いて持っていたことがあった。これを買ったのは2005年当時に住んでいた東京か、或いはこのボーディングパスを持って旅していた途中の空港の本屋かもしれない。
Apparently, sometimes in the past I bought this. I don't remember when or where. I tried to infer how I encountered this book. The cue is the bookmark there. It was a boarding pass of American airline dated 03May05. So, I think I bought this twelve years ago or sometime a little earlier. I have almost no knowledge about Paul Auster, so presumably I bought this by the influence of some book review I read around that time. I once kept pieces of paper on that names of books I was curious about were noted. The book must be one of in the list. The location I bought could be in Tokyo where I was living in 2005, or an airport bookstore when I was traveling with the boarding pass.

この本を読み終えられたのに元気づけられて、もう一冊の部分読みの本を読み始めた。その本については読み終わった時にまた書こう。
Encouraged by my being able to finish this book, I started reading another partially read book. I will write about the book when I finished reading it.