ページ

2017年2月5日日曜日

老人向けファッション Fashion for senior people

2017.2.5

ここ数週間身につけているのはこれです。マフラーのことです。このマフラーは単に首を包んでいるだけではなく、中にzippo懐炉が入っていて背中を大変暖かく温めてくれているのです。いつ頃か覚えていないのですが、体を冷やすと背中から左腕にかけて辛い痛みを感じるのです。
This is what I wear these few weeks. I mean a scurf. It is not just covering my neck, but it has a zippo hand warmer inside on my back to keep my back really warm. I don't remember since when, but in last four or five years, I feel bad pain from my back to my left leg when I have my body in cold.

以前その痛みを感じた時、素晴らしい知人で、素晴らしい整体師に、とにかく背中を温めなさいと言われたのです。言われたとおりすると、直ぐに良く効きました。それでこの冬になると背中を暖めるという習慣を続けているのです。懐炉を使い始める前は毎日使い捨てカイロを使っていたのです。でも、毎日カイロを捨ててしまうということがあまり気に入ってはいませんでした。しかし、懐炉をこのために使う方法を思いつかなかったのです。
A very good friend of mine that is a very good chiropractor told me one day to warm my back is good no matter what. When I followed as she told, it worked fast and good. So I am continuing this warming my back habit during winter. Before I started to use my hand warmer, I was using disposable hot pack every day. But, I did not like the idea of disposing hot pack every day, but I could not find a way to use my hand warmer for this purpose.

この懐炉は私が東京で勤めていた頃、外回りが多く東京はこちらよりずっと寒いので買ったものです。冬の間は毎日ポケットに入れていました。
The hand warmer was bought when I was working in Tokyo, where I walked outside a lot and was much chillier than here. I had it in my pocket during winter every day.

懐炉をぶら下げるためのベルトを作ろうかと考えたのですが、裁縫は得意ではありません。ある日、妻にそのアイデアを話すと、縫うんじゃなくて安全ピンで留めたら?と言われました。そうか! そこでこのマフラーと安全ピンを使って懐炉をぶら下げるというアイデアに至ったわけです。始めに薄い綿のスカーフを使ったのですが、熱すぎる時がありました。それで、今はこの厚いマフラーを使い良くなりました、ちょっとゴツい感じではありますが。マフラーは縛ってあるわけではないので、懐炉の高さを調節することも簡単に出来ます。
I thought of making a belt to hang the hand warmer, but I am not good at sawing. Then, one day I talked about the idea to my wife and she said why didn't I think of pinning rather than sawing. Aha! That is how I came to the idea of using a scarf and pins to carry the hand warmer. First I used thin cotton one, but sometimes it was too hot. So, now I use this thicker one that is better, a bit bulky though. I can easily adjust the height of the hot point since the scarf is not tightly knotted.

マフラーを留めておくためにパーカーの紐で結んでいます。写真ではよく見えませんが。
To hold the muffler stable, I tie the scarf with a string of the hoodie I wear that is hard to see in the picture.

私の使っているのはこれです。もう7、8年は使っています。この小さなカップいっぱいの燃料で8、9時間暖かい状態が続きます。経済的です。ゴミも出ないし。
My hand warmer is one of this. I've been using this for long time, more than seven - eight years I mean. It stays hot eight - nine hours by a cup, the small cut in the picture below, of fuel. Good deal. No waste, too.


マットブラックの製品も見つけました。これも悪くないね。
I found a matte black one. This is not bad, too.


オレンジまで!! And orange!!


他の会社も同様の製品を作っています。例えばハクキンカイロ。同じ原理です。化学反応で熱を出しています。燃やしているのではありません。
Some other makers are making similar products. For example Hakukin Kairo. This is by a Japanese company.  Same concept, heat by a chemical reaction, no burning.
実はzippoがハンドウオーマーを出したのは2010年、ハクキンカイロは1923年なのです。ですから、こちらがオリジナルなんでしょうね。
Actually zippo started their hand warmer since 2010, and this one since 1923. So, this should be an original one.

私の痛みを根本的に直すために、原因を知りたかったのです。心臓、骨、一体何? でも、今のところどの医者も原因を突き止めてくれません。
I have been keen to find a cause of my pain to solve fundamentally. Heart, bones, or whatever? But no doctor was able to diagnose so far.

このブログを書くために、何故背中を暖めると気持ちが良いのかを検索してみました。沢山の説明がありました。説得力があると思ったのは背中を暖めると大動脈が温まり、大動脈があたたまると、温まった血液が全身をめぐるというものです。
To write this blog, I googled why I feel good when warm my back. Many explanations. One I thought reasonable is I can warm an aorta when I warm my back. Then, as aorta warmed, warmed blood goes around whole my body.

理由はどうあれ、同じような症状の人は背中温めをお勧めします。方法は何でもいいんです。
Whatever the reason, I recommend back warming if any of you have a similar symptom whatever heater you use.