ページ

2014年7月18日金曜日

たまったスライドの処置

断捨離は子孫のためだけではない。 自分のためにも。 まず,これ以上本を置く場所がない。 持っている本のスペースを空けるべく,一度自炊ならぬ他炊を頼んで結構うまく行ったが,デジタルにすると結局読まない。 まあ,紙のままでもあまり読まないのだが。 兎に角,これをどんどんすればいいのだが,カネがかかるし,出した本は戻ってこないので,立派な本は中々決心できない。 本以外にも,ずっと前,まだフィルムカメラを使っていた頃のスライドが山のようになっている。
これをディジタル化して捨てちゃおうと,フィルムスキャナーというのをずっと羨望の眼差しで見てきたが,色々難しいこともあるようだし,何より高い。 今日もふとネットで調べ始めたら,デジカメで撮るのが意外と良いとの記事を幾つか読んだ。大勢の人が色々工夫していい成果を出している。結構セットアップは大きい感じ。 と,考えていた所で,これを見つけた。

これなら安いし試してみる価値ありかと思った。 ニコン製だから,フルサイズボディでニコンの60mmマクロを使えば何も考えなくていいらしいが,そんな高級品は持っていない。 今あるKiss X2かX-E2でやろうとすると, 焦点距離 最小焦点距離 等倍 画角 等々, 色々難しいことがある。 しかし,何はともかく口径だけは合わせないといけないのでステップダウンリングを注文した。

後は 試してみて,画角やら焦点距離やらをあわせる部品を調達する。 得意の現物合わせですな。 さてどうなるかな。楽しみ楽しみ。