ページ

2010年9月22日水曜日

寂光の滝

夕食にはちと早いと,ホテル森のうたを出て寂光の滝に行くことにした。
道路からの入口は先日見ておいたので,そこまでは気楽に到着。
2kmの看板を頼りに左折。
いくつかの旅館を横目に坂を登り続ける。
ちょっと甘かったのはずっと上り坂である。
だいぶ歩いたなとフーフー言い始めた時,あと1.5kmの看板。ガックリ・・・
しかし,1/4は来たぞとすかさずポジティブに切り替え,頑張る。
途中,栗の毬が幾つも落ちているが未だ実の入る季節ではなく,中身はカラ。
車に数回追い越される。歩いて行くところではないかな~と思っていたら,リュック姿の人が降りてくる。
空を見上げる。いかん,太陽が沈みかけている。折角担いできたカメラが無駄になってしまう。
一層歩みを早めて登る。
1km, 0.5kmの看板を通り過ぎ,車の止まっている平らな場所に出た。
着いたかと思うと,滝はこちらの看板。
鳥居の先に,傾いた石段がずっと続く。入山名簿まである。
ここまで来たら戻れない。何故か石段は軽く足が上がりどんどん行ける。
2,3のお堂を過ぎて下りに出る。前にはやっと滝の姿。
なんと,アベックさんが仲良ししている。普通なら遠慮するが,今日は時間がない。
ずんずん進むと向こうも気がついたのか立ち上がる。ゴメンネと思いながら,近づいて写真を撮る。
暗いのでブレるなあと思いながら・・・
滝はこぢんまりしているが水量も豊富で美しい。滝つぼの水,流れも水色に輝く。来た甲斐があった。